• 日常
  • 宝ものと成長の過程

大谷篤史

日常

宝ものと成長の過程

宝ものと成長の過程。

 

こんにちは。営業部の大谷です。

私事ではありますが、先日入籍しました。

いとありがたし。

 

最近は、原稿の分析にハマっています。

どうして効果が出ているのか?どうして効果が出ないのか?

ユーザーの気持ちはどうか?自分がユーザーだったらどうか?

多方面から原稿を見ていると、たくさんの気づきがあります。

 

記事をユーザーに最後まで読んでもらう方法。

以外と難しいんですが、私は発見してしまったんです!

詳細はお問合せ下さい!笑

 

話は変わりまして、

今回はそんな大谷の宝物を紹介したいと思います。

 

宝ものとは、こちらの名刺入れ。

%ef%bc%91

弊社は営業会社なので、数字の目標というものがあります。

全員この数字を必死に追い求めて、日々の業務に励んでいる訳ですが、

私が入社して始めて個人の数字目標を達成した時、運用部の伊澤が「お祝いに」と

買ってくれたものです。

 

この名刺入れも始めはもっと明るい茶色だったのですが、

私の血と汗(血は出てませんが)でここまで深い茶色になりました。

 

何故、これが宝物かと言うと、、、

【もっと会社で活躍したい】

と思うきっかけを作ってくれたからです。

 

始めは、役職も何もない一般社員としての名刺が入っていました。

当然ですね。

でも、この名刺入れをもらった時から

買ってくれた気持ちに対して、会社に貢献して返そう!

と決めました!

会社の為に上に上がって行こう!と。

弊社には、いろいろな規定があります。

数字はもちろん、勉強をする事も昇格には必要です。

 

でも、それを全て達成しなければ、この名刺入れには

【もっといい名刺】を入れる事は出来ません。

【もっと会社で活躍したい】この事だけを考えて踏ん張って来た時もありました。

その結果この名刺入れには、リーダーという役職のついた私の名刺を入れる事が出来ています。

でも、まだまだ満足はしていません。まだリーダーですから。

 

頑張れる環境、頑張りたいと思わせてくれる人。

 

そんなきっかけをくれたのが、この名刺入れ。

私の宝ものを紹介させて頂きました。

 

記事広告ならお任せあれ!→広告に関するお問い合わせ

こんな頑張れる環境で働きたい!→求人に関するお問い合わせ


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!