• 日常
  • 「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉が嫌いです。

松山夏奈

日常

「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉が嫌いです。

 

こんにちは、セールスコピーライターの松山夏奈です。

最近のマイブームは編み物。

プライベートでは馬鹿みたいに無心で毛糸と格闘しています。落ち着く・・・。

 

久々のブログ、何を書こうかなとうんうん唸っておりました。

前回同様、本の話に絡めて書こうかなとも思ったのですが、

今日は、最近思うことを徒然なるままに書こうかと。

 

そう、タイトルの通り、

私は「二兎を追うものは一兎も得ず」という言葉が嫌いです!

・・・いいえ、最近嫌いだということに気が付きました。

 

■仕事を頑張る≠好きなことを諦める          

 

「バリバリ仕事がしたい!」

 

私にとっての「一兎」は仕事でした。

関東に飛び出して、アドバリューに入ったときに、ここで「一兎を得る」と決めたのです。

その時に、私の中で「二匹目の兎」は諦めなければいけないものになってしまっていました。

そうですね、読書や音楽、化粧品や服が私の中の「二匹目の兎」に当たります。

 

しかし、ふと考えました。

 

弊社がお取引をさせていただいているクライアント様の多くが、美容系商材を取り扱っています。

化粧品が大好きで飛び込んだこの会社にいて、

美容系商材の記事を書いているのに、

毎日ボロボロでオシャレも忘れて、お化粧もなおざり、肌も荒れ放題。

 

「こんな美意識低くて、アンテナの張れないライターが書いた記事で、誰が共感してくれるんだ!!!」

 

本についてもそうです。

文字を扱う私たちが、文字を吸収するところがなくてはやっていけません。

服や音楽も、現代の動向を読むのにはとても大切なファクター。

そう、二兎を追い続けなければ、仕事すらままならないことに気が付きました!

■「二兎を追わなければ二兎は得られない」

ということを人生で初めて知りました。

攻め続けなくては何も掴めない!この数か月で学んだことです。

 1

アドバリューに入る前は、かなりのリアリストで、石橋を叩いて壊すタイプの人間でした。

もちろん、慎重さは大切。

何をやるにも、丁寧に道筋立てて勝ちパターンを見据えていくことが成功に繋がると信じています。

 

しかし、これまでの人生で「一兎」を追うばかりに、「二兎」を逃がしてしまうようなことがたくさんありました。

例えば、ピアノの調律師への道や、バスケットボールでの進学の道、十分に選ぶことのできた大学の進路、エトセトラエトセトラ・・・

今の道で正しかった!と言い切れますが、たくさん後悔もしています。

 

そんな私が、アドバリューに入ってまず学んだこと。

それは弊社社訓にもある「慎重かつ大胆に行動すべし」ということです。

 

目の前にいる諸先輩方は、本当に大胆です!

まず、スケールが違います!

本当に大げさではなく、

この会社を、日本を、世界を動かそうとしているような人ばかりです。

 

「あれもこれも絶対成功させる!」

 

そんな偉大な先輩方の仕事を見ていて、「二兎を追わなければ二兎は得られない」ということを人生で初めて知りました。

それと同時に、「生きるのって欲張りでいいんだ」と肩の荷が下りた瞬間でもあります。

 

とはいえ、自分のキャパシティーは水たまりみたいなものです。

まだまだ「あれもこれも全部叶える!」とは言えません。

今は着実に知識や効率や圧倒的なデータ量を身に着けて、自分の容量を増やしていければいいなと思います。

日々、勉強。日々、分析。

圧倒的な結果が残せるセールスコピーライターへの道は、まだまだ続きそうです・・・。


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!