• 日常
  • “本講座は合格を保証するものではございません。合格のための努力を惜しまないで下さい”

伊澤祐太

日常

“本講座は合格を保証するものではございません。合格のための努力を惜しまないで下さい”

こんにちは。アドバリュー広告運用部の伊澤です。

最近、LINE様のカンファレンスに、グループ会社の鈴木と山本と一緒に参加してきました。

写真はその時のものです。

カンファレンスでは最新のプロダクトのリリース話などがあり、とても良い刺激を受けました。

詳しくはLINE様のホームページにてご確認下さいませ。

話は変わりまして、つい先日、私事ですがYahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験アドバンストに合格しました。

この試験は、Yahoo!プロモーション広告が提供するスポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用やコンサルティング、販売等に関わる者を対象にした試験で、

よりサービスの効果をあげるために必要な運用の知識を、どのレベルで保有しているかを把握できるものです。

無事合格しまして、今後より一層、クライアントの皆様の広告運用をプロとして取り組んでいければと思います。

今回、この試験を受けるにあたって久しぶりにテスト勉強をしました。

その際、試験対策講座を元に勉強をしたのですが、その研修資料にこんな言葉が書いてありました。

“本講座は合格を保証するものではございません。合格のための努力を惜しまないで下さい”

これを読んだ瞬間に、そう!そう!そう!と思いました。

テストでも会社でも同じだと思うのですが、どんなにわかりやすい資料があっても、どんなに効率化された研修プログラムがあっても、今回で言えば合格するという目標に対して、合格するための行動を自分がするか、しないかですよね。

テストでいえば、“資料にあることは全部覚えた”とか思っていても、もしも不合格になった場合、誰かが責任を取ってくれるわけではありません。

仕事でいえば、実戦では誰かに習ってないことなんて日常茶飯事ですし、寧ろ、そんなことの方が多いです。

そうなった時に、言い訳なんて意味がありません。自己責任です!

だから、何かを成しえたいと考えている場合は、その為に必要な行動を”自分がする”のみです!

そして、その行動には前提として、そこに到達するという強い意思が必要になると思います。

僕の大好きな映画ダークナイトシリーズの1作目バットマン・ビギンズにこんなシーンがあります。

2

後のバットマンことブルースは修行中に師匠に強くなるにはどうするかと問われます。

その問いにブルースは、”鍛錬”だと答えます。

それに対して師匠は、”違う、鍛錬ではなく、意思だ!””戦う意思だ!”と言い放ちます。

意志なき行動は何処にもたどり着きません。前提として、意思あってこその行動です。

僕の場合、いつもそうなのですが、ダメな時って、ただただ行動することが目的になってしまった時だったりします。

逆に意思があり、その為の行動をすれば、どんなことも成しえると思います。

現に、僕は試験に合格し、ブルースはバットマンになりました。(規模が全く違いますが!笑)

引き続き、自分の中のブレない意思を持って行動していきたいです。

繰り返しますが、きっと、意思があり、その為の行動をすれば、どんなことも成しえると思いますので。

以上、広告運用部の伊澤でした。また次の記事でお会いしましょう!

追記 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。 高橋歩

3

 


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!