田村司

マーケティング

キュレーションメディアの最新事情!

こんにちは。

アドバリュー営業2部を統括している田村です。

DeNAが運営する医療健康情報サイトWELQの炎上から始まり、

女性向け大手サイト「MERY」をはじめ、「KAUMO」や「LAUGHY」などのメディアが

非公開となるなど大事件となり、社会現象になったことはまだ記憶に新しいですよね。

Google側も、キュレーションサイトに有利な検索結果に満足できないと感じるユーザーが多くなり、日本独自のアルゴリズム導入をしましたよね。

これにより、SEOでアクセス数を伸ばしていたメディアには痛手となりました。

「キュレーションメディアはおしまいだ。」

なんてことも聞きますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

結論、大打撃を受けているところもあれば、

一方で勢いが増しているキュレーションメディアもあります。

なぜかというと、巨大メディアが非公開になったことで

今まで利用していたユーザーたちが、別のキュレーションメディアに流れているからなんです。

そこで今回は、キュレーションメディアの広告効果をご紹介していきます。

直近の実績になりますが、ダイエット商品を販売されているクライアント様にて実施させて頂き、1回の配信でこれだけの獲得が出来ています。

(弊社お取引の企業様にご協力頂き、今回特別に実際の管理画面のキャプチャも掲載させて頂きます。)

【アクセス状況(LPまでの遷移率)】

 

【獲得状況】

・1週間のデイリー獲得数

・合計獲得数

着地CL数:1,409CL

着地CV数:98件

実績からも分かるように、圧倒的なCV数により目標CPAもクリアし、着地することができました。現在も継続中です。

ですが、1点だけ気をつけてほしいことがあります。

どんなに実績のある優秀な媒体へ単純に出稿だけしても

このような結果は得られません。

アクセスの集められるクリエイティブ、より多くのユーザーを納得させLPまで遷移させられる記事、獲得できるLPがそろって初めて結果が返ってきます。

そのため弊社では、どういうクリエイティブ、記事構成、クロージング、ランディングページが効率的に件数を獲得できるか熟知しておりますし、様々な案件での実績があります。

どのキュレーションメディアで、どのジャンルが、どのくらい獲得できているのか

気になる企業様は一度下記の問い合わせフォームから気軽に質問してください!

お問い合わせフォーム

今回ご紹介したキュレーションメディアをはじめ、弊社では通常実施できない

特別メニューや専売メニュー、専売媒体にてご案内をしております。

ご興味のある企業様は売上拡大に向けて、一度お問い合わせください。

押し売りするつもりは全くありません。

WINWINの関係値を第一に考え、あくまで納得いただいた媒体に展開させて頂き

良きパートナーとしてお取り組みできればと考えておりますので安心してください^^

詳細はこちらから

 

 


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!