• 日常
  • 短期間で一気にレベルアップする方法

澤登陽吉

日常

短期間で一気にレベルアップする方法

こんにちは澤登です。

前回のブログ「誤解しがちな「量より質」。入社1年~2年は徹底的に量をやろう!」の最後に「最初から質を高める方法」を書くと言いました。なので、今回は短期間でレベルアップする方法を書こうと思います。

 

端的に言うと「先人に学ぼう」ということです。

まとめるとこんな感じです。

・短期間でレベルアップするには先人たちに学ぼう

・学ぶ際は沢山の人から学んで選択肢を得よう

・その中からやる方法を1つ決めてやり切ろう

・やり切る理由は、最初にちゃんと戦略があるから。

 

説明します。

 

日本の茶道、武道、芸術等には「守破離(しゅはり)」という言葉があります。

これは、個人のスキル(作業遂行能力)を3段階のレベルを表しています。

 

  • 守とは?:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)。 ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)。
  • 破とは?:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。
  • 離とは?:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

 

中途採用でもなければ入社1~2年の人はもれなく「守」の段階にいるはず。

ここで必要なのは先人たちが身につけたスキルをいかに早く盗み、同レベル以上になることです。そうして「破」の段階へ出来る限り早く移行することです。

 

当然ですが、この移行期間を先人たちに学ばず進むのは時間の無駄が大きいです。

エクセルの使い方を知らずに表計算をしたら、本来10分で終わるものが30分とか1時間とかかかるかもしれません。ただ、知っているか知らないか?だけでもそれだけの差が出てしまうわけです。

 

であれば、そんな無駄な道はショートカットしてやり方を知り、最短でスキルを身につけたほう効率良く成長できるってわけです。だから先人たちに学び、早く「守」をクリアできるようになることが大事です。

ただし、ここで注意点があります。

先人の誰かがその方法で上手く行ったからと言って必ずしもあなたが上手く行くとは限らないことです。

最短の道を行けるように努める必要はありますが、必ずそれだけが成功の道とは限りません。

だから、成功している上司や周りの会社の方、ビジネス書などを活用して「多数の先人の失敗談・成功談」を知り、その本質はなんなのかを考えるのが大事です。

そして「この方法で行こう!」と決めたらその1つを必ず成功させられるように一心不乱に突き進みましょう。

 

なぜ1つに決めて一心不乱に突き進むのか?

それは、やることを一つに定めないと成功できないからです。

成功できない理由は2つあります。

1つは単純に力が分散するからです。

100の力があるとき、2つに分けると50づつになります。

うちで言えば営業部なのに運用部並みのスキルを身につけようと思ったら、営業としての稼働時間を1日1時間に減らして、運用だけをずっとやり続けないと難しいでしょう。

そのうえで営業部としてクライアントの売り上げを上げるコンサルティングをするのは非常に労力がかかります。

結果、両方中途半端になってしまい成功させることが出来なくなってしまいます。

 

2つ目は途中でプランをやり直し続けたら、いつまでたっても成功できないからです。

ビジネスは計算し尽くして勝つべくして勝つものです。

優秀な経営者が成功するのは戦略があるからだと思います。

最終的なゴールを見定め、それに必要な人員・資材・キャッシュ・ビジョン等をそろえ、勝つべくして勝てるように準備をするからです。これと同じで、自分のスキルを高めるときも将来どうなる為に自分の時間をどれだけ投資するか?ゴールが見据えて準備して突き進むから、成功できるわけです。

逆に、戦略が全くなく事業を進めるとめちゃくちゃ運が良ければ成功し、悪ければ失敗する(しかも、ほぼ失敗する)のがオチです。

戦略がないので目先の「それっぽい儲かりそうな話」に飛びついては失敗して、たまたま成功すると「自分は正しい」と思い込んで間違いを繰り返し続けます。

結果、会社をつぶします。

もちろん、最終的には運に助けられることもあるでしょう。

でも、会社の成功率は経営者によって大きく変わります。これは、優秀な経営者には企業を成功させるだけの理由があり、ダメな経営者が会社をつぶすのはそれなりの理由があるということです。

話を戻して一心不乱に突き進むのは、こういった戦略を持って勝つまでやりつくせば勝てるからです。「途中でダメかも・・・」となって毎回イチから戦略を変更していたらいつまでたっても勝つことはできません。ちゃんとしたプランを立てて、勝つまでやれば勝てるはず。理想とするゴールにたどり着けるはずです。

 

やってみないとわからない部分は必ずあります。そういうわからない部分に関しては情報を集める為に一定の労力を投資してみるのがいいと思います。ここで失敗することは失敗に含まれません。リサーチです。このリサーチを最速で繰り返すことで何をすれば良くて、何をしたら良くないのかがわかります。そうやって強固な成功確率の高いプランを作り、突き進めば勝てるはずです。つまり、理想とするゴール・・・圧倒的なスキルを持つ優秀な人材になれるはずです。

って偉そうに書きましたが僕自身

ブログアフィリ

純広告

メルマガアフィリ

SNSアフィリ

コンサルティング

という感じで仕事内容を遷移してきました。

 

最終的に

コンサルティング能力を上げる為にダイレクトマーケティングを極めるのが良いだろうと決めてそこに向かって自分自身、突き進むことに決めました。

自分自身、この選択をして本当に良かったと思っています。

なので、これからやるのであればまずダイレクトマーケティングを極めるのがオススメです。僕と同じ技術・売上になってうちの会社においては「守」を卒業できます。

 

その後も先は続きます。

破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)。

離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)。

 

この「離」になれる人を沢山育てることが、これからの会社拡大にとって非常に重要です。

皆でやり切って、永久的に続く強い会社を作りましょう。


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!