• 日常
  • お気に入りの場所を守れるライターになりたいです。

高木 愛

日常

お気に入りの場所を守れるライターになりたいです。

こんにちは(*^ ^*)

ライター部の高木でございます。

 

いよいよ今回から、ブログ記事を書かせていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

早いもので、9月ももう終わりですね。

 

道を歩いていると、曼珠沙華が咲いていたり、ふとキンモクセイが香ったり…

 

秋だなあ、としみじみ感じるこの頃です。

 

(↓おやつも秋らしくしてみました。笑)

秋の夜は、他の季節よりもゆっくりのんびり過ごしたくなる気がします。

忙しい毎日の中でもちょっとゆっくりする時間が持てたとき、皆さまはどんな風に過ごしていますか?

お気に入りの入浴剤を入れた湯船に浸かってぼ~っとする?

行きつけの居酒屋さんで、美味しいおつまみと一緒に一杯飲む?

ハマっている海外ドラマを、贅沢にも2本続けて観ちゃう?

きっと、皆さまそれぞれお気に入りの過ごし方があると思います。

私だったら…

落ち着ける喫茶店でゆっくりごはんを食べて、食後にあたたかいミルクティーを飲みたいですね~。

というのも、

ちょっとひと息入れたいとき、

ちょっと誰かに手紙を書きたいとき、

ちょっと会社用ブログの題材を考えたいとき…(笑)

いつもよりちょっと丁寧に時間を過ごしたいときに、

行きたくなる喫茶店があるのです。

この前の花金も、そこに行きたくて仕方なかったのですが…

残念ながらできませんでした。

その喫茶店は、今年の初夏になくなってしまいました。

小学生の時から15年以上通い続けていた憩いの場だったので、とても残念です…。

仕方のないことかもしれませんが、こういうのって本当に切ないですよね。

この喫茶店だけでなく、どこかで【閉店のお知らせ】と書かれた貼り紙を見かけるたびに、胸の奥が冷えていくような感じがします。

でもこのお仕事を始めてからは…それだけでは済まなくなりました。

生意気にも、こんなことを思うようになったのです。

「自分にもっとコピーのスキルがあったら、少しはこのお店の力になれただろうか…」

コピーライティングは、言葉で読み手の心を動かし、行動をうながす技術です。

だから商品を直接売るための広告はもちろん、集客用のチラシやホームページに載せる文章、通販番組の台本などなど…

およそ「人の注目を集めたい」という場面で幅広く使えるスキルなのです。

うまく使えば大変な価値を生みだしてくれるので、ビジネスをする上でとっても頼もしい武器になります。

(一本のセールスレターで何千万・何億というお金が動くことだってあるくらい…クラクラしてしまいますね。。。)

だから、いろんな事情で困っているお店や企業の力になれることだってあるはず。


それを知ってからは、つい考えてしまうのです。

遠い所からでも、忙しくても、このお店に通いたいと思ってもらうには。

 

この会社のこの商品を、何度でも買いたいと思ってもらうには。

 

 

どんな言葉があればいいんだろう?

 

って。

でもこういうことを考え出すと、もうコピーライティングというよりマーケティングの話になってきますね!

ちなみに私たちライター部の人間も、研修時からコピーライティングと並行してマーケティングの基礎を学びます。

クライアント様が抱えるいろんな問題を解決していくためには、コピーライティングだけでなく、マーケティングに関する知識もしっかり身につけなくてはいけない…。

まだまだまだまだ、勉強することが山積みです(^^;

ちなみに弊社の人間は、マーケティングにコピーライティング、その他クライアント様のお役に立つためのあらゆる知識や情報を、ベテラン・新人問わず日々貪欲に吸収しています。

私ももっともっとがんばらないと、いつまで経っても先輩たちに追いつけそうにありません…!

道のりは果てしないですが、

 

自分が学んでいることを必要としてくれる「誰か」の力になれるように、

 

お気に入りの場所を守れるように、

 

今日も秋の風に吹かれながら業務に励んでおります。

ライター部の先輩たちにいただいた、とっても使いやすいキーボードとパソコン台。

左にあるのは、同僚におごってもらったとっても美味しい飲み物です。

 

 

一年の中でも、とりわけ気持ちのいいこの季節。

 

今日のお昼休みには、同僚と散歩を楽しんできました。

 

 

これからますます深まりゆく秋、

 

どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

またお会いできるのを楽しみにしております(*^ ^*)

 

 

≪P.S.≫

ライター部の先輩が先日書いたブログで、恐れ多くも「大型新人」として紹介されていた新人2名のうちの1名が、私でございます。

 

大型どころか半人前、いえ4分の1人前ですが…、

 

上司・先輩・同僚のあたたかさに支えられながら、日々奮闘しております。

 

今後とも、ライター部、そしてアドバリューをどうぞよろしくお願いいたします!

 

投稿者プロフィール

高木 愛
高木 愛

この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!