島袋 海咲

日常

あなたは誰?

こんにちは!

ライター部の島袋です。

めっきり寒くなりましたね。インフルエンザの注射打ちましたか?

私、毎年打たなきゃ打たなきゃと言ってる間にシーズンが終わってしまうタイプです。

たぶん今年も・・・。

 

さて!

今日は「自分を知る」というお話をさせてください。

 

▼あなたの強みは・・・

「ストレングスファインダー」をご存知ですか?

一種の自己診断ツールで、テストを受けることにより34の資質の中からあなたの「強み」となる5つを導き出すというもの。

企業でも取り入れているところが多く、人事なんかに役立てているみたいなんですが…

 

実はつい先日、お取引をさせていただいている企業様のご厚意で、

私、このストレングスファインダーを試す機会をいただいたんです!

(これ有料ツールでして、しかも公式サイトがドル表記なので私は興味がありながらも、ビビって手を出せずにいたんです…!嬉しい!)

 

私の診断結果を載せても退屈なのでここでは割愛しますが、

結論として「ふむふむなるほど確かに!」と納得できることがとても多かったんですね。

と同時に、自分の傾向性が(強みも弱みも)明文化されたことで、

日々のアレコレが「ああ、だからあの時私はこういう風に感じたんだな」と、

収まりが良くなる感覚があったんです。

人間はカテゴライズしたがる生き物だとは言いますが、

このカテゴリーやフレームといったある種の「俯瞰(ふかん)」は、物事を捉える上で、時に効果的に作用するな~なんて思った出来事だったんです。

 

コピーライティングも同じで、事前にターゲットや訴求を明確にし、なおかつ全体のフレームを定めてから書き出すと、とっても具合がいいもんです。

 

▼「自分を知る」という話で、もうひとつ。

もうひとつ、最近感じたことがありまして。

よく、仕事が退屈に感じる人や、どうも面白みを感じられずにいる人。

そんな人に対して「何かに主体的に挑戦し続け、当事者意識をもてば退屈は晴れる」というようなアドバイスを見聞きしませんか?

もしかしたら、今読んでくださっている中にも、自分自身をそうしたマインドで鼓舞している人もいるかもしれません。

 

もちろん、私も大賛成!

 

今起こっているすべてのことを「自分と関係している」と考え、きちんと自分の意見を持つこと。そしてそれらに対して責任を持とうとすることは、大人としての要件だと思っています。

 

ただ、ここでもやはり

「自分を知る」ことが重要になってくるのではないかと思ったわけです。

退屈や無関心という感情は、しばしば自分の「嫌な思いを押し殺したりやり過ごしたとき」にも起こるのではないでしょうか。それが無意識だとしても。

 

というのも、最近読んだ本の中で、

心理学の観点から「自分の感情を飲み込むことで、積み重なった傷は次第に自分自身を守る方向へと変わっていく。それが、相手に対して冷たくなる行動に結びつく。」とありました。

 

ココからは私の見解ですが

「僕はここに違和感を感じる」「私はこのやり方にどうしても納得できない」

そんな自分にまずは気付き、知っていくこと。←諦めが癖になっていると、この段階すら難しいものです。

そのうえで、感情を押し殺さずに、しっかりと責任をもって話し合いのテーブルにあげてみること。

退屈やモヤモヤには、ここらへんが効くような気がしたんですね。

 

少々脱線しましたが;

啓発ブログのように「全てのことに責任と主体性をもって!」と言われてしまうと、ちょっと重たく感じますが、

「今私が感じてるこのモヤモヤを知り、責任もって晴らしていく!」ならば、より自分事で、ちょっとやる価値があるような気がしませんか。

もう私たちはいい大人です。

自分のことも人のこともすっかり知った気になっていますが、まだまだ知らない自分、忘れてしまった自分がいるな~と気付かされた最近の出来事でした!

 

2017年も残り1カ月。

年の節目は心機一転には何かと好条件です。

この機会に、これまでの自分の尺度から一歩進んだ、

「新しい私!」にトキメイテみるのもいいかもしれません。

私もがんばらなくっちゃ。

 

何かとせわしない年の瀬です。

寒い日も続いておりますので、どうかお体ご自愛下さいませ!

 

▼P.S.

年末といえば、大掃除のシーズンです!

今年の汚れは今年のうちに!私はとにかく捨て魔なので、家中を空っぽにしてやろうかと企んでいます。


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!