• 日常
  • ど文系人間、ニュートンの名言で自分の仕事を分析してみる。

高木 愛

日常

ど文系人間、ニュートンの名言で自分の仕事を分析してみる。

こんにちは!

ライター部の高木でございます。

 

すっかり寒くなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?

 

 

寒さは地域によって全然違いますが、あなたがお住まいのところはどうですか?

 

私の家は、都心からだいぶ離れたとある駅(からだいぶ離れたバス停のそば)にあるのですが

 

渋谷にある弊社周辺の気温と比べると、体感5度くらい違います。(高木比べ)

 

 

畑も多くてプチ田舎なところですが、そのぶん星がきれいに見えます。

 

最近、仕事から帰ってくるとオリオン座がすっかり高くのぼっていて

 

もうすっかり冬なんだと実感します。

 

私は昔から天体が好きで、いつか天文学を勉強したいと思っていたのですが

 

いかんせん理数系のセンスがなさすぎて、諦めました…。

 

天体に限らず、

何かを数字的・科学的にとらえられる人ってすごいなあ、と思います。

「リンゴは木から落ちるのに、なぜ月は地球に落ちてこないのか」

 

という大いなる謎を解き明かしたアイザック・ニュートンも、そのひとりですね。

 

でもそんな彼にも、計算できないものがあったそうです。

 

ニュートンはこんな言葉を残しています。

 

「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない」

 

よくよく調べてみると「人の気持ち」ではなく「群衆の狂気」が正しいようですが、

 

群衆はもちろん個人の気持ちでさえ、計算なんてできそうにないほど複雑ですよね。

 

でも、ふと思ったのです。

 

「この超難問に、私は日々挑んでいるのでは?」

 

と。

 

 

私の仕事は、インターネットの記事広告を書くことです。

 

面白い読みものを書くことではなく、

 

「これ欲しい」

「これやってみたい」

と行動を起こしたくなる文章を書くことです。

 

 

“行動を起こしたくなる文章”を書くため、

 

「人が行動を起こすには、何が必要なのか?」

 

を毎日ひたすら考えています。

 

 

「最初に何が書かれていたら、この記事を読み進めたくなるかな?」

 

「ネックになっているのはここだろうから、早い段階でこの情報を入れてみようか」

 

「こっちのデザインよりこっちの方が目をひくのでは?」

 

などなど…

 

小さなことから大きなことまでいろんな疑問が飛び回って、頭の中が毎日タイヘンなことになっています。

もちろん、自分の感覚だけに頼って書くのではありません。

 

理数系分野の実験と同じように、

広告の世界でも昔からたくさんの実験(テスト)が行われています。

 

その実験結果によって、

「○○すると○○になる傾向がある」といったデータが導き出され、蓄積されてきました。

 

そのデータの中から使えそうなものを引っぱり出してきて、自分の記事に盛り込み、「読み手が行動を起こしたくなる確率」を少しでも高くしていくのです。

この「確率を上げていくためのデータ」をどれほど多くインプットして使いこなせるかが、結果を出すコピーライターになるのにすごく重要なことだと感じています。

 

ただ、

いつも大きな結果を出している上司や先輩たちはもちろん、

超一流と呼ばれる世界的なコピーライターでさえも、

書いたコピーが外れることなんてしょっちゅうだと言います。

 

結局は、

「実際に世に出してみなきゃ分からない」

ということなのですね。

 

そう分かっていても、やっぱり一所懸命書いた記事が外れると悲しいもの…。

 

でもそれは失敗ではなく、

「ひとつのテストの結果が出た=データが増えた」

ということなのだと、ある有名なライターさんが言っていました。

 

だから、

 

残念な数字を見た時にただ落ち込むのではなくて、

このデータを生かしてもっとたくさんテストしていかなければ!

そう思えるようになりました。

 

とうてい計算しきれないものに、データという数字的な武器で挑んでいくこと。

それによって得られる経験値が、武器をどんどん磨き上げていくこと。

その武器で、とんでもなく大きなものを掴みとってきた人たちがたくさんいること。

それってなんだか、すごくワクワクしませんか?

 

数字がニガテな私でも、ワクワクすることがいっぱいの広告の世界。

 

数字が得意な人なら、もっと楽しいかもしれませんね。

 

「自分もそんな世界に飛び込んでみたい!」

 

というあなた、ぜひ私たちと一緒にワクワクしませんか?

 

もちろん理数系・文系問わず大歓迎です!(笑)

 

詳細はコチラからどうぞ。

あなたのお問い合わせを楽しみにしております!

 

 

 

P.S.

最後までお付きあいくださり、ありがとうございます。

 

寒さが厳しくなっていくなか、ライター部にホットな新入社員がやってきました!

 

とっても仕事熱心で、フレッシュにライター部を盛り上げてくれています。

 

お恥ずかしながらまだ新人気分が抜け切っていなかった私ですが、ちゃんと先輩として力になれるよう、寒さに負けずアツく仕事に励んでいきたいと思います。

 

それでは、また次回のブログでお会いできますように。

 

ちょっと早いですが、

メリークリスマス!

 

そして、

良いお年をお迎えくださいませ(*^^*)


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!