• 日常
  • 映画「ジャスティスリーグ」に学ぶ

伊澤祐太

日常

映画「ジャスティスリーグ」に学ぶ

注意!!今回のブログにつきましては、映画「ジャスティスリーグ」のネタバレを含みますので、自己責任で読み進めて頂きますようお願いいたします!!

 

 

こんにちは。アドバリュー広告運用部の伊澤です。

 

今回のブログは”映画「ジャスティスリーグ」に学ぶ”です。

 

最近弊社のブログはヒーローものが多いですが、僕もヒーローものが大好きです。

いつもブログ読んで下さっている皆様はご存知かと思われますが、僕はノーラン監督の映画バットマン「ダークナイト」が大好きで、ジョーカーのフィギュアを人には理解されないくらいに集めています。
(下の写真はその一部です!)

あとは昔からスターウォーズが本当に本当に大好きで、昨年は「最後のジェダイ」が公開されたので、映画館に3回観に行ってきました。

最近はアベンジャーズの最新作「インフィニティーウォー」が公開されたので、観に行ってきましたが、最高に面白かったので、恐らくあと2,3回は観に行っちゃうと思います。

といった具合に、本当に本当に本当にヒーローものが大好きなのです!

今回タイトルに書いた映画「ジャスティスリーグ」は、DCcomicヒーローオールスターズの映画です。

 

DCcomicヒーローの有名どころは、“バットマン”、“スーパーマン”、“ワンダーウーマン”、“フラッシュ”等でしょうか。

「ジャスティスリーグ」はそんな彼らがチームとして悪と戦います。(マーベルのアベンジャーズが分かる人はそれのDCcomic版だと思って頂ければ幸いです)

 

映画の内容を2行でまとめると、下記の様な感じになります。

世界に危機(敵)が迫り、バットマンが危機を打破すべくヒーローたちを集め、チームを結成

ヒーローたちは、お互いの弱点をカバーし合いながら協力して敵を倒す

 

ちょっと雑ですかね笑

要は、“チームで勝つ”という話です。

 

そんな物語の中で学べることは、強いチームというものは、『それぞれが”誰にも負けない点”を持ち合わせているから、協力し合えるし、弱点を補い合えるし、敵を倒せる』という事です。

 

映画に出ているヒーローたちの特徴を上げると…

  • バットマン…

特殊能力のない生身の人間なのですが、自ら極限まで肉体を鍛え上げており、更に、科学知識、鋭い分析力、判断力、冷静沈着な精神は誰にも負けません。

  • ワンダーウーマン…

怪力と飛行能力があり、銃弾をもはじき返す黄金の腕輪、捉えたものは嘘がつけなくなる真実の投げ縄などを持っています。そして、守るべき者に対する慈悲深さと悪に対する厳しさは誰にも負けません。

  • フラッシュ…

地上最速の男です。戦闘経験はないのですが、誰よりも速く動けることと、誰よりも優しい心の持ち主で、人助けをさせたら誰にも負けません。

  • スーパーマン…

地上最強の男です。弱点はありますが、最早通常の戦闘では誰にも負けません笑

 

実際、ヒーローたちに、これらの“誰にも負けない点”がなかったら、どんなに協力し合ったとしても、敵を倒すことはできなかったと思います。

 

↓ 因みに、下記が実際の敵なのですが、見た目の時点でめちゃくちゃ強そうですよね!笑

上記、ヒーローたちを例に挙げましたが、自分自身や自分自身が携わるチームに置き換えて考えてみるとどうでしょうか。

 

時々、世の中で、チームとか助け合い等といった言葉の意味をはき違えてしまっているのではないかと思うことがあります。

誤解を恐れず申し上げますが、“弱いだけ“とか”おんぶに抱っこ“の人が何人束になろうと、何かに勝つことなどは決してありませんし、

“なれ合い”や“同情”や“慈悲”等でもありません。

 

本当の意味での強いチームというものは、きっと、ジャスティスリーグの様な、“誰にも負けない点”を持ち合わせた集団のことをいうのではないかと思います。

 

勿論、ヒーローたちも最初からそれらを持ち合わせていた訳ではありません。

各々が自分の強みを理解し、磨き上げた結果、それらを手に入れました。そして、現在進行形で磨き上げています。(一部突然変異がいますが!)

皆様は、“誰にも負けない点”はありますか。

 

チームで戦うということは、全員で戦うということ。

何かひとつでも、“誰にも負けない点”を持てるように、そして、それを常々磨いていけるように努めたいですね!

そんな人たちが集まったチームであれたら、本当に最強だと思います!

僕も引き続き、努めます!

 

今回僕が伝えさせて頂きたいことは以上です。

 

「ジャスティスリーグ」とてもいい映画なので、もしも興味を持ったからがいたら見てみてください。

因みに、「ジャスティスリーグ」の日本のキャッチコピーは、“オンリーワンが集まれば、世界を救える。”です。

オンリーワンというと、今回僕の書いたブログとはまた解釈が異なります。

当たり前ですが、同じ事柄でも人によって解釈は異なると思いますので、今回は僕が観た視点で記事を書かせていただきました。

 

以上、広告運用部の伊澤でした。また次の記事でお会いしましょう!


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!