• 日常
  • 最近、感動したこと

澤登陽吉

日常

最近、感動したこと

TOP画像引用元

こんにちは澤登です。

最近サラリーマン金太郎を買いなおしました。

読む時間はあまりないんですが…読むとやっぱ良いこと書いてあるんですよね。金太郎。

TOPの他にもたくさん名言があるんですがそれはまた別の機会に…。

 

最近、感動したことをシェアします。

僕ではなく大谷さんが言われたそうなのですが、僕たち営業の業務を手伝ってくれるサポート課の人から 

「いつも売り上げを作ってくれてありがとうございます。」

と言われたそうです。

そう言ってくれた子は入社してまだ1ヶ月程度…

 

僕と大谷はその内線を聞いて悶絶しました。

 

「うおおおおおおお!!!頑張ろう!!!!!!!」

 

確かに、言われてみれば当たり前なのかもしれませんが、日々の業務に埋もれてその自覚が薄れていました。

利益部署の中でも営業は最前線の歩兵のようなものなのだから、そこ次第で会社の売り上げ・利益が変わります。

 

だからこそ誰よりもやらなくちゃいけません。

実際4年前、僕たちは倒産の危機に陥りました。

 

今までやってきた方法が通用しなくなり、

積み上げてきた実績も意味がなくなりました。

しかも僕たちだけじゃなく周りの似たような会社もみんな窮地に立たされていました。

 

その結果、利益が減り続けて…どうなったのか…?

【利益を出していない人から、辞める】

 

営業がいなくなったら直接的に会社に収益を生み出す人がいなくなってしまう為、削られるとしても最後に削られることになります。 

でも、事務職で働いている人たちは…。

会社の業績が悪く、赤字ばかり叩くようになれば、

辞めてもらわないと会社が存続できなくなってしまいます。

※ちなみに、うちは社長が「全員守る!」と言ったので辞めさせることはなかったです。「業界的に無理だからもう嫌。」と辞める人たちはいましたが…。

 

だから、営業や最前線で戦う人たちには数字を何があっても達成しなくちゃいけないと言う責務があります。

「自分が数字を落としたら仲間が死ぬ」ってくらいの気持ちで働くべきです。

実際、営業が数字作らなかったら会社潰れます。それくらい重い責任を持った部署です。

 

ただ、自分たちのことばかり考えていて良い取引が出来るハズがありません。

僕たちの仕事は広告代理業とコンサルですから、あくまで裏方です。

主役の広告主に儲かれば儲かるほど、僕らの利益も大きくなります。

だから、日々『刃を研ぐ』ことを忘れてはいけませんし、戦い続けなくてはなりません。

 

ラッキーなことに、僕たちの業界は全て数字で結果が出ます。

だから改善し続ければ必ず結果が出ます。

『自分たちを守る為』そして『クライアントに貢献するため』

利益部署は仕事をするだけじゃなく、常に学び続け、努力し続けなくてはいけません。

価値貢献をした結果、しっかりと対価の利益を頂くのが責務です。

 

だからこそ今回の言葉は凄く刺さりました。というか再認識しました。

まだまだやれることはたくさんあるし、永遠に続く会社を作るには程遠い。

それでも1歩1歩進まないとダメだし、周りに負けない為には駆け抜けなくちゃいけない。

今年ももう3分の1が終わってしまったので年始に立てた目標を達成できるよう、より一層努力をしていきたいと思います。

 

こんな会社で働きたい人は他にいませんか?

あなたがどういう状況かは知りませんが、僕らと働けば周りに愚痴を言うやつもいません。前しか向いていません。どうすればもっと会社が良くなるのか?自分たちのスキルが伸びるのか?それを考えて実行して考えて実行しての繰り返しです。そんな風に最低2年間頑張って自分のスキルを高めて社会的に必要とされ続けるような人材になりたいと思う方がいたら…是非一緒に働きましょう。

求人ページはコチラです。

…営業と利益部署が頑張らなきゃー!と書きましたが、僕ら営業が全力で働けるのは周りのサポートのおかげです。だから、お互い感謝しあって、背中預けあって、勝ち続ける会社にしたいですね。そんな会社が増えれば働く人たちも毎日楽しいんじゃないかなーと思います。


この記事をお届けした 株式会社アドバリュー の最新ニュースを、『いいね』してチェックしよう!