営業部 取締役

田村 司

Tsukasa Tamura

2013

 

はじめまして。

アドバリュー取締役の田村です。

簡単に自己紹介をしたいと思います。

 

経歴

  • 栃木県で生まれる。
  • 中学を卒業後、茨城県に引っ越し、地元の高校に進学。
  • 海が近くなり中学から始めたサーフィンに明け暮れる。
  • 高校卒業後、自衛隊に志願。
  • 3年間勤務したのち退職し、現在の会社に入社。
  • 入社1年目で最年少チーフ就任
  • 入社2年目で最年少リーダー就任
  • 入社3年目で最年少マネージャー就任
  • 入社4年目で最年少取締役就任
  • 今に至る。

 

簡単に自分のことをまとめると、

  • 顔に似合わず意外と完璧主義。
  • すべてのことに対して筋を通していきたい。
  • 才能はなくとも努力の天才になりたい。

と願う日本男児です。どうぞよろしくお願い致します。

 

━仕事内容を教えてください

現在、広告代理事業部の統括として

全体の目標ノルマを達成に導くことと、部下のマネジメントを行っております。

 

弊社を信じて予算投資して頂いているクライアント様方へ

感謝の意を込めて、成果を出すことを追求しています。

 

━仕事へのこだわりを教えてください

「クライアントさんを知る前に己を熟知する」ことを大切に日々仕事に取り組んでいますね。

僕が愛読した本にも、「仕事とは人格という土台があるからこそうまくいくものだ」と書いてあるように人間とは皆平等なのです。(ちょっと宗教っぽいですねw)

 

だからこそ自分がどういう人間かを良いところも、悪いところもしっかり把握していれば、短所をカバーするぐらいより長所を生かし、仕事でどんな困難にぶつかっても乗り超えることが出来ます。

 

これは、クライアントさんに対しても同じです。

自分の長所を生かしたパフォーマンス最大限出していけば、いい結果が生まれるはずです。

短所を改善しようとしても、底辺から平均になるだけ。

 

なら、いいところ伸ばした方がいいでしょ!

 

「思い返してみてください。皆さんも壁を乗り越えたときには、実は己の長所が発揮されていたことを」

 

僕らの仕事はクライアント様の売上を最大化すること。

できなければ、昔で言うところの切腹ものです。

だからこそ命を懸けるぐらいの覚悟をもって、日々精進し

一人一人の個性が活躍できる会社を心がけています。

 

━あなたの目標を教えてください

最強で最高の事業部を作りたいですね!

 

僕はこの会社に入る前、実は自衛隊で働いていました。写真から想像できないと言いたい人は、そっと心の中にしまって置いて下さい(笑)

 

話を戻しますがその当時、毎日の訓練は辛くて何度もお家に帰りたくなるような程。

 

ですが、同時に心強い仲間もたくさんいました。

寝る部屋も一緒で24時間苦楽を共にした仲間たちと一緒だったからこそ、どんなに辛い訓練でも頑張ることが出来たのだと感じています。

 

僕は自衛隊のような、みんなで考え、意見を出し合い、行動し、売上を作り上げ、事業を拡大し、時にぶつかり時に笑い合い、共に成長できる事業部を立ち上げたいと思っています。

あ、でも24時間集団生活をしたいとかではないのでご安心を(笑)

 

━営業部に入社したい人へメッセージ

世の中には色々な営業会社があると思いますが、この会社は一味も二味も違うと思いますよ。

 

最初が辛いというところは、他の営業会社と変わりませんが、そこを乗り越えてからの広がり方は、まるで川と海のように圧倒的に違うと思います。

だから、誰かにやれと言われる前に先に行動し、常にモチベーション高く日々の仕事を真剣に本気で頑張っている人たちが多いです!

 

僕には特別な才能やセンスがあると思った事は1度もありません。むしろ不器用だし滑舌あんまりよくないし、平均以下なのではと…。

ですが、こうして今では会社の取締役として任されています。それは僕がこの会社で、大きく主体変容が出来たからだと思います。

 

Blogでも書かせていただきましが、

今の僕が考える哲学は3つです。

 

・子供や奥さん、会社の部下や恋人を、どんな状況化でも守れる大きい背中を持っている人。

・辛くとも目を背けることなく、倒れても何度も立ち上がり命がけで戦い続けられる人。

・人のために本気で笑い、本気で怒り、本気で悲しむことのできる愛のある人。

 

仁義を通し、己の信念を曲げず、愛を重んじる人間。

 

この言葉に興味関心持った方はぜひ連絡ください♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田村 司 の最新記事